忍者ブログ
このサイトでは、旅行に関する情報を紹介しています。
ブログ内検索
スポンサードリンク


2018/11/15 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2007/07/26 (Thu)
ロングステイ先の決定

さて、言葉の問題をクリアしたとしても、ロングステイ先へ行くのにかかる時間と費用の問題は意外に重要です。

ヨーロッパのように直行でも時間のかかる場所の場合、身体的な負担がかなり大きくなります。

移動が大好き、飛行機が大好きと言う方は別ですが、年齢が高くなるにつれ、移動時間が長すぎるとロングステイ自体への意欲が薄まってくることも考えられます。

現地で長期にわたって住居を借りた、または購入した、などという場合に、5年先、10年先、「移動自体が負担となり嫌になった」では、大きな無駄となってしまいます。

また渡航費は住居費とともに海外ロングステイにおける費用の大きな部分を占めます。

例えば

オフシーズンに利用することができ、運賃を安く上げることができる場所かどうか。

夏のバカンスシーズンが一番過ごしやすいため、トップシーズンの料金で移動するとなると運賃はバカになりません。

遠いか近いかだけで渡航先を判断することはありませんが、腰に持病がある方など、事前にどの程度の負担ですみそうかということを考えておくと安心です。

このほかにもロングステイ先の犯罪による危険度には充分な注意が必要です。

海外旅行情報などでも国別にさまざまな犯罪例が報告されていますが、その国(地域)特有の犯罪の特徴があるようです。

海外旅行よりも長くその地域に滞在するわけですから、その犯罪特性なども確認しておきましょう。

スリ、強盗はもとより、女性や子供による犯罪の増加している地域、あるいは誘拐や銃犯罪が多数報告されている地域などタイムリーな情報を確認しておく必要があります。

外務省海外安全ホームページではその国、地域ならではの犯罪の傾向。

特徴なども知ることができます。

これらもチェックした上でどこに行くのかを判断したいものです。
PR
スポンサードリンク


2007/07/26 (Thu)
ロングステイ先の決定

単なるあこがれや読み知った情報だけでロングステイ先を決めてしまうのはちょっと危険です。

少なくともロングステイをする前に、一度旅行をして本当に自分たちに合う場所なのか、自分たちが求めているライフスタイルに合致する環境なのかどうか確認することが必要でしょう。

その地にあこがれる熱い思いは大切ですが、よっぽどその地に詳しい、あるいは以前その地で暮らしたことがある、知人がその地に住んでいるなどのことでもなければ、一度冷静に考えてみてもよさそうです。

比較対照することはさまざまにあるからです。

例えば

・政治(治安)・犯罪・気候・文化・経済・宗教・日本との行き来・言語など、国や地域による判断基準のほか、・現地で何がしたいのか・奥さん(旦那さん)との合意はできそうかなどの個人的な条件なども一通り確認しておくに越したことはありません。

特にこの中でも重要なのが、言葉が通じるかどうかです。

ロングステイ先で全く日本語しか話せないとなると不安があります。

ご夫婦であればどちらかが片言でもツーリストイングリッシュ程度はできる必要がありそうです。

お2人とも全く話せない場合はハワイなどがお奨めとなりそうです。

周囲の日本人や日本語のできるスタッフの力を借りて生活を送ることができると思われます。

万一病気や事故にあった場合、言葉の不自由さをいやというほど実感させられます。

救急車で運ばれ、気を失っているような場合は言葉のできるできないに関係なくなってしまいますが、多くの場合、医師に自分の症状や痛み、既往症などの説明をする必要がでてきます。

また医師の説明についても理解しなければ命に関わる状況もないとはいえません。

ツーリストイングリッシュしかできない場合も非常の場合の英語については多少まとめておくと安心です。

非英語圏の場合でも英語が通じるところは多くあります。

ロングステイ先で言葉の問題がどの程度ありそうか、事前に予想して渡航先を決めると安心です。
スポンサードリンク


2007/07/26 (Thu)
海外ロングステイというライフスタイル

平均寿命が延び、60歳で定年を迎えた後の人生はもはや余生と呼ぶことはできない程長くなりました。

第2の人生を充分に楽しみ充実した生活を送ろうとお考えの方も多いと思います。

そんな中、定年後のライフスタイルとして海外ロングステイが注目されています。

海外ロングステイというライフスタイルは、日本に経済基盤・経済的源泉をもったまま、1年に短くて一ヶ月、長くて4〜5ヶ月海外で暮らすというスタイルを言います。

1年12ヶ月のうちの何割かを海外で暮らすということになれば、日本にいるときの生活自体が変わりはじめ、ライフスタイルに大きな変化が起きます。

例えば


寒さが苦手な人がいます。

本格的な寒い冬が近づく頃、渡航先の常夏の地で過ごす日々に思いをはせる楽しみがあります。

あれもしよう、これもしようと夫婦で語り合い、調べあげ、離れていく日本の我が家をどうするかちょっとだけ頭を悩ませます。

ロングステイ先では、毎日が新しいことの連続なので、退屈する暇もなく時間が過ぎていきます。

そして数ヶ月後、日本の冬の寒さが和らぎ、桜の便りを聞くころ日本に戻り、家族や友人にちょっとした手土産を渡して土産話に興ずる。

色あせて見えていた我が家の暮らしも落ち着いて、輝いて見えてきます。

そして次の季節の海外への渡航に備える。

今度は二度目だから、あれはこうして、これをああしてと、いろいろなアイデアが次々に浮かんできます。

こうして1年を楽しくも有意義に過ごすことができるのが海外ロングステイです。

現役時代とは全く異なるライフスタイルがそこには出来上がり、それだからこそ、第二の人生を満喫できるのだと思います。

海外旅行と海外移住のいいとこどりだとも言われる海外ロングステイ。

定年後の選択肢のひとつとして前向きに考えてみられてはいかがでしょうか。


ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]