忍者ブログ
このサイトでは、旅行に関する情報を紹介しています。
ブログ内検索
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
スポンサードリンク


2017/11/18 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


2009/09/18 (Fri)

昭和レトロとは

昭和レトロとは、昭和30年から40年代を中心に当時の建物や生活の雰囲気を再現したデザイン演出や商品開発ブームのことです。
この昭和レトロブームは1990年ころから建物を昭和30年代風にした商業施設がマスコミにも取り上げれて人気になったことが火付け役となって、村おこしや町おこしにも昭和レトロが積極的に取り上げられるようになりました。
レトロとは、本来retrospective、回顧という意味です。
そういう意味では時代や環境を特定しているわけではありませんが、現在の昭和レトロ表現は、昭和の高度成長期にあたる昭和30年代をテーマにして、団塊世代にアピールしようというマーケティング戦略も一役かっています。
昭和レトロの代表的なものをいえば、ダイハツミュゼットやボンネットバス。
駄菓子屋さんなど単純に「古い」「懐かしい」だけでなくて、実際に現代人が記憶できている時代を追体験できる近過去のノスタルジー=郷愁が人気のヒミツなのかもしれません。
昭和レトロなものを紹介していきましょう。
「三丁目の夕日 」- 原作は昭和30年代を舞台とする連載漫画。
1990年10月にアニメ化、2005年には実写映画化され、2007年続編が公開。
ドラマでは北野武の自叙伝「菊次郎とさき」なども、昭和30年代の下町が舞台で人気があります。
昭和レトロな商業施設では火付け役となった「新横浜ラーメン博物館 」は1994年3月6日に開館。
館内のメインスペースは1958年(昭和33年)の下町を再現しています。
関西では「浪速の凱旋門」と呼ばれる空中近代都市「梅田スカイビル」の地下一階に昭和初期の大阪の街の一角を忠実に再現した「滝見小路食堂街」があります。
その他各都市にも昭和レトロな施設などがあります。
「昭和レトロ商品博物館」(東京都青梅市住江町商店街)
「昭和レトロ商品博物館」(東京都青梅市住江町商店街)
「昭和ミニ資料館」(山形県高畠町中央通り商店街)
「昭和の町」(大分県豊後高田市中心商店街)
「昭和の懐かし館」(埼玉県行田市)
「レトロタウン」(サッポロビール新九州工場、大分県日田市)平成記念公園
「日本昭和村」(岐阜県美濃加茂市)
 

PR
スポンサードリンク


2009/09/09 (Wed)

京都 日帰り 旅行

京都日帰り旅行をしたいと思いたくなるような季節になりました。
京都は今、紅葉の時期なのでしょうか?紅葉を楽しみながら、京都にある昔ながらの京料理をはじめおいしい料理を堪能しながらの京都日帰り旅行を楽しみたいと思う方も多いのではないでしょうか。
さて、京都の日帰り旅行をするには、どのようなプランで行動をするのかについてまとめてみないといけません。
最近では、各旅行会社、および旅行代理店で京都への日帰り旅行プランを企画・販売をしています。
これは、いろいろあるのですが例えば、北海道のJRトラベルでは「1day 京都日帰りプラン」と題して、大人:19800円(東京発)で販売しています。
このプランは、新幹線での移動と京都での食事がセットになったものでして、京都の観光は各個人で自由に行動するというものです。
京都でのお楽しみの1つ「食事」ですが、29もあるお店の中から、お好きなお店での食事を選択できるという食事が目当てという方にも満足していただける内容になっています。
他には、個人であるいはグループでツアーを利用しないで行くというプランもありますが、京都の観光では、移動手段が少し分かりにくく予め行動プランを立ててから出かけるほうが目的の観光地をスムーズに見て回れることでしょう。
また、京都の観光は見る場所がとても多く、迷います。
例えば1つのプランですが、代表的な観光地を含めての京都日帰りプランでしたら京都駅から清水寺、二年坂と祇園周辺の散策、嵐山へ行き二条城、鴨川散策などはいかがでしょうか。
特に、今の時期は紅葉の時期であり、嵯峨・嵐山周辺では、紅葉がすばらしい景色を刻んでいます。
この地区には、二条城があります。
また、お食事は、嵯峨・嵐山周辺または観光地周辺で紅葉を見ながらいただくのがいいでしょう。
京都は、今の日本のいい部分と昔のよき日本の伝統が残っていてうまく融合した世界に誇る観光地です。
普段、忙しく時間があまり取れない方、時間がないけど京都をしっかり堪能したい方には、旅行会社が企画した京都日帰りバスツアー、日帰り新幹線プランを利用して楽しい日帰り旅行を楽しんでみませんか。

スポンサードリンク


2009/09/09 (Wed)

読売 旅行 日帰り

「読売 旅行 日帰り」と云えば、読売グーループの運営する旅行関連会社ですね。
では、実際に読売グループの旅行関連会社には何があるのか・・・・読売観光バス・旅行読売出版社・読売旅行アクティブの3社が旅行関連会社となります。
では、簡単に各会社ごとに紹介しますね。
名称:株式会社読売観光バス
設立:平成15年12月
所在地:
東京都中央区築地2-5-3
東京都板橋区東坂下2-17-7(板橋事業所)
事業内容:観光バス
HPアドレス:http://www.yomiurikanko.co.jp/
名称:株式会社旅行読売出版社
設立:昭和47年8月30日
所在地:東京都中央区日本橋小網町18-3
事業内容:・総合旅行誌では最大部数を誇る月刊「旅行読売」の発行。
・旅行読売MOOKでは、テーマ特集として『バーベキュースポット150』『滝・湖畔・渓谷を歩く』『やすらぎの美術館』『安い!うまい!納得の宿』など。
エリア特集では山梨、高山・飛騨路、北海道、新潟・佐渡など年間数点発行。
・臨時増刊号として『素泊まり、1泊朝食の温泉宿』『早春のひとり旅』を発行。
・温泉情報の集大成『全国温泉大事典』をはじめ、各種写真集などの発行。
・レジャー関連文芸書の発行。
井沢元彦・阿川佐和子・黒鉄ヒロシ氏などの旅行エッセイ群。
HPアドレス:http://www.ryokoyomiuri.co.jp/
名称:株式会社読売旅行アクティブ
設立:平成9年12月2日
所在地:東京都中央区築地2-5-3
事業内容:・国内及び海外旅行、外国人旅行等に関する添乗業務及び旅行事務の一般労働者派遣事業・損害保険代理業・旅行代理店業
登録:厚生労働大臣許可 般-13-01-0592
HPアドレス:http://www.yomiuriactive.co.jp/
「株式会社旅行読売出版社」の出版物で旅行先を決めて「株式会社読売旅行アクティブ」で旅行を申し込みをする。
そして、株式会社読売観光バスで目的地にGO!ここまで一環して運営してるからこそできる「激安日帰り旅行パック」なんですね。
因みに読売出版社の旅行雑誌は「旅行読売」「素泊まり1泊朝食歓迎の温泉宿」「心に残る宿」などがあります。



ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 / 

忍者ブログ [PR]